FX専門用語が難しい!覚えないと始まらない?

この記事をシェアする

FX専門用語を覚えて上手に取引

株は会社に投資をするので、会社の運営状態なども気にして決めなくてはいけませんが、FXに関しては、お金の価値次第で売買を決めることができます。

FX会社でFX口座を開設し、そこへ資金を入れることで取引を開始することが可能です。
購入する外国通貨は、日本円でいくらになっているのか「円安」と「円高」に注意して購入するタイミングを決めましょう。

専門用語はいくつかありますので、一気に覚えようとするのは難しいと思います。
人によっては用語集を作成してしまうぐらいなので、始める前にきちんと必要な単語は覚えておくとスムーズに始められます。

よく出てくる用語としてスワップポイントやレバレッジ、スプレッドがあります。

それぞれ、言葉の意味を理解して置かないと利益にもなるし、損になる可能性もあるので注意が必要です。

金利や売買にかかる取引コストは、FX会社によって違いがあるので取引を始める前に調べておきましょう。

注意!FXの取引時間を知ろう

株は取引時間が、9時から15時までと決まっています。
その点FXは、為替市場が開いている平日であれば24時間取引をすることが可能です。

世界で取引をしているので、平日であればいつでも取引できる状態になっています。
ちなみに日本時間では月曜日の朝6時から土曜日の6時頃まで取引が可能。
日本が土曜日も早朝だけ開いているのは、外国の取引時間と合わせているからです。

逆に取引ができない時間帯として、土日祝日となっています。
一部の国では、土日も為替市場を開けている所もあるので、土日取引が全くないという訳ではありませんが、取引に参加している国が少ないので、お金の動きが少ないので、良い取引は期待できないと考えたほうがいいでしょう。

経済状況や国の情勢によって、お金の価値が動くので世界的に止まっている状態ですと、売買したいと思える金額にならないで終わってしまいます。

FXは平日に行うのがベストと言えるでしょう。